細かい部分の確認と再発を防ぐ治療

固定のスタッフが治療にあたる

同じ医師や歯科衛生士が担当するのは良い施設の判断基準になります。
良い歯医者さんは歯科衛生士があまりやめる事がないからです。
アルバイトの歯科医が多く、担当がころころ変わるのは良くないでしょう。

少人数で治療をしている場合でも、どのような状態で治療にあたっているのか観察するとわかり、頻繁に歯科衛生士が変わる施設は避けた方が無難になります。
複数の医師が担当する場合、なるべく同じ医師が歯の治療を担当する施設は信頼ができるからです。

費用面や予約が取りやすいなどは大事なポイントですが、コミュニケーションがとれて信頼関係が患者あるかが問題になります。
質問に対して丁寧に対応してくれたり、治療が終わるまで担当医を変えないなどが大事です。

何を重視して通うか

良い歯医者さんとは、自分が通院する目的の中で何を重視するかによって変わります。
小さなお子さんを通院させるにはキッズスペースや小児の専門であると良いです。
インプラントなどのように専門の医師が必要な場合は、多少遠くても専門の歯科医がいる事が重要なポイントになります。
最近増えているホワイトニングなど歯をきれいにしたい方は審美を得意とする施設が適しているでしょう。

このように虫歯の治療以外に、さまざまな目的で通院をする方が増えています。
多くの歯科医が開業しているので、自分の目的にあった診療内容や設備が整っている事がかなり大事です。
情報収集をしながら、実際に電話をしたり初心を受けて自分にとって良いか判断をしましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP